loading
不動産価値流通プラットフォーム TASUKI TECH
不動産価値流通プラットフォーム TASUKI TECH
不動産価値流通プラットフォーム TASUKI TECH

不動産開発フローの全てのシーンにおいて
これまで時間と人件費を要した作業は
TASUKIが開発したSaaS型「マルチプラットフォーム」TASUKI TECHを
ご利用いただくことで大幅なコストと時間の圧縮を可能にします。
是非、不動産開発会社の皆様のDX推進にお役立てください。

不動産開発フローの全てのシーンにおいて
これまで時間と人件費を要した作業は
TASUKIが開発した
SaaS型「マルチプラットフォーム」
TASUKI TECHをご利用いただくことで
大幅なコストと時間の圧縮を可能にします。
是非、不動産開発会社の皆様の
DX推進にお役立てください。

START

ステップ1

TASUKI TECH AI(タスキ テック AI)


TASUKI TECH LAND(タスキ テック ランド)


SaaS型クラウドサービスにより、スマートフォンで営業マンが
いつでもどこからでも物件の管理・確認を行うことを
可能にしたサービスです。

SaaS型クラウドサービスにより、
スマートフォンで営業マンが
いつでもどこからでも
物件の管理・確認を行うことを
可能にしたサービスです。



ステップ2


TASUKI TECH Touch & Plan(タスキ テック タッチ&プラン)

地図に触れる。不動産の価値が瞬時に見える

「TOUCH & PLAN」はスマホ上で地図にタッチするだけで不動産の価値が瞬時に見える、
業界初の建築プラン・事業収支作成プラットフォームです。
スマホの地図上で計画地をタッチすると、AIが土地情報を収集してビッグデータを解析し、
計画地の最適な建築プランが作成できるようになります。
また、その建築プランに基づき、AIによる投資パフォーマンスの分析によって
最適な事業計画を設定することで、不動産価値の判定もできます。
現状の建築プラン作成は、土地情報を取得し、
都市計画法や測量図等のあらゆる敷地情報を集め、次に情報に基づく建築プランの作成、
プランに基づく賃料査定を行うことで期待できる利益を算出しています。
しかし、これらの情報は一元化されておらず、属人的に収集することが多く、
物件情報の取得から建築プラン作成まで7日から10日程度の時間とコストを要しています。
「TOUCH & PLAN」を使うと、データベース化された土地情報をAIが解析することで、
最適な建築プランを即座に作成することができるようになります。
建築プランを月50件作成している場合、年間約7,000万円のコスト削減効果があります。(※)
さらには、現状要している時間とコストをカットできるだけでなく、
事業検討・意思決定に至るまでのリードタイム短縮を実現でき、大幅な業務効率化や働き方改革にも繋がります。

(※)建築プランを外注している場合の費用。タスキ調べ。


「TOUCH & PLAN」はスマホ上で地図にタッチするだけで不動産の価値が瞬時に見える、業界初の建築プラン・事業収支作成プラットフォームです。
スマホの地図上で計画地をタッチすると、AIが土地情報を収集してビッグデータを解析し、計画地の最適な建築プランが作成できるようになります。
また、その建築プランに基づき、AIによる投資パフォーマンスの分析によって最適な事業計画を設定することで、不動産価値の判定もできます。
現状の建築プラン作成は、土地情報を取得し、都市計画法や測量図等のあらゆる敷地情報を集め、次に情報に基づく建築プランの作成、プランに基づく賃料査定を行うことで期待できる利益を算出しています。
しかし、これらの情報は一元化されておらず、属人的に収集することが多く、物件情報の取得から建築プラン作成まで7日から10日程度の時間とコストを要しています。
「TOUCH & PLAN」を使うと、データベース化された土地情報をAIが解析することで、最適な建築プランを即座に作成することができるようになります。
建築プランを月50件作成している場合、年間約7,000万円のコスト削減効果があります。(※)
さらには、現状要している時間とコストをカットできるだけでなく、事業検討・意思決定に至るまでのリードタイム短縮を実現でき、大幅な業務効率化や働き方改革にも繋がります。

(※)建築プランを外注している場合の費用。タスキ調べ。



ステップ3


TASUKI TECH GOING(タスキ テック ゴーイング)

「TASUKI GOING」は専用のカメラであらかじめ撮影した物件内を、
実写ベースの3D空間で3Dキャラクターがわかりやすく
バーチャル内覧をガイドするWebシステムです。
物件を3D化された空間内で360度確認できるため、
実際に物件の中にいるかのように細部を見ることができるだけでなく、
3Dキャラクターによる案内により、煩雑なマニュアルでの説明とは異なり、
楽しみながらの物件選びが24時間いつでもどこからでもできるようになりました。
また、3Dスキャンカメラで撮影していることによりお部屋の各所の寸法も測ることができるため、
内覧時からソファーや本棚などの家具を設置する位置検討等にも役立ちます。
オーナー様にとっても効率の良い物件運用を可能にできるという特徴も持ち合わせています。


「TASUKI GOING」は専用のカメラであらかじめ撮影した物件内を、実写ベースの3D空間で3Dキャラクターがわかりやすくバーチャル内覧をガイドするWebシステムです。
物件を3D化された空間内で360度確認できるため、実際に物件の中にいるかのように細部を見ることができるだけでなく、3Dキャラクターによる案内により、煩雑なマニュアルでの説明とは異なり、楽しみながらの物件選びが24時間いつでもどこからでもできるようになりました。
また、3Dスキャンカメラで撮影していることによりお部屋の各所の寸法も測ることができるため、内覧時からソファーや本棚などの家具を設置する位置検討等にも役立ちます。
オーナー様にとっても効率の良い物件運用を可能にできるという特徴も持ち合わせています。



ステップ4


TASUKI TECH FUNDS(タスキ テック ファンド)

新型コロナウイルスが与えた日本経済への影響を背景に
不動産投資型クラウドファンディングは低リスクかつ安定した利回りが期待できることから、
個人の投資ニーズがこれまで以上に高まりをみせています。

ハードルが高いイメージのある不動産投資ですが、
「タスキTECH FUNDS」では専門的な知識や多額の資金を必要としないため、
投資の幅を広げ、手軽に始められる不動産投資を実現します。

当社の不動産事業が培った豊富な知識とノウハウをもとに、
不動産専門家がお客様の不動産投資を支援させていただきます。


新型コロナウイルスが与えた日本経済への影響を背景に不動産投資型クラウドファンディングは低リスクかつ安定した利回りが期待できることから、個人の投資ニーズがこれまで以上に高まりをみせています。

ハードルが高いイメージのある不動産投資ですが、「タスキTECH FUNDS」では専門的な知識や多額の資金を必要としないため、投資の幅を広げ、手軽に始められる不動産投資を実現します。

当社の不動産事業が培った豊富な知識とノウハウをもとに、不動産専門家がお客様の不動産投資を支援させていただきます。



価値あるプラットフォーマーとしての使命

当社は、「タスキで世界をつなぐ〜革新的なイノベーションで社会のハブになる〜」の企業理念をかかげ、 人々の暮らしをアップデートすべく、様々な事業活動に取り組んでいます。

その中で、特に不動産領域において、テクノロジーが十分に活用されていないことを背景に、 業務の属人化や長時間労働の常態化といった業界固有の課題に直面してきました。 これらの課題を解決すべく、2020年11月に「タスキDX構想」を掲げ、 不動産業界全体のデジタル化を推進してきました。

当社は、IoTやAIといった先端テクノロジーを活用することによって、 不動産業界が自らのポテンシャルをさらに開花させることができると考えています。 今後も、業界全体の発展と市場のさらなる拡大を目指し、 不動産業界に変革を起こすサービスを提供してまいります。

代表取締役社長
柏村 雄

代表取締役社長 柏村 雄



メールでお問い合わせ
株式会社 タスキ


DX認定

株式会社タスキ、経済産業省が定める「DX認定事業者」に選定されました。



東証マザーズ上場

TASUKI TECHは東証マザーズ上場企業である株式会社タスキが運営しています。